身たちは水の中で絡み当てはまる

はからずも先日までのことだ。とあるハイスクールの水泳部では代名詞が足を負傷し、部活に欠席していた。
だが近頃、無事に足も完治し、部活へと戻ってきた。少年の姓名は中島翔。ダイビングは速いものの、女子のような良い形相をした少年です。
「中島、足の度合はどうだ?」
「あ、医者。二度と全く平気です!」
「お前は我が水泳部の代名詞なんだからな。無茶するなよ」
「は、よし」
顧問の降谷医者に気遣われる翔。翔は本音、医者に憧れていただけに、手加減の文句が凄く嬉しかった。爽やか男前な上、ダイビングも速い優しい医者。夢見るきっかけは万年代と当てはまる。
「今日は自分が付きっきりでレッスンしてやるからな。楽ちん済ませろよ」
医者に付き添われ、ダイビングの特訓をやる翔。だが医者に接着し、触られている内に段々と翔は捉え始めてしまい……。
「中島、勃ってるぞ?」
「え!?」
そんなに、翔はおのずと勃起してしまったのだ。しかも医者にばれてしまって要る。恥ずかしさに赤面始める翔。しかし、
「モウマンタイ。医者がやはりしてやる」
「うわっ、せ、せコーナー生っ!?な、何講じるの!?」
医者は翔のビキニをずり卸し、プールの中で恋人の股間を握って扱き始めた。
当作品は女の子向けのBL力作。
ライターはBLアニメ界では有名な嘉山おんつ医者!リーダー作品は『父親だらけの王家決戦』など。
当作品は中島翔という中性的顔立ちの父親ハイスクールと、顧問の男前医者・降谷医者のロマンスを描いたお伝えだ。
プールの中で特訓をやる内に、勃起してしまった翔。恋人の股間を鎮めようと、医者が自己手で扱いて決めるのだが、二人の動機はそれだけに終わらず、しかもどっさりエスカレートして仕舞う~という話です。
医者×学徒カタチはBLでは無難段階!やけに当作品はその無難を踏まえつつも、おんつ医者の美麗な色彩チャートを喜べるという最高の力作だ。
何。おんつ医者の力作の面白味って、客受けと攻めがひどく必ずわかれていて、客受けの子どもが実際すばらしく、攻めの方もカッコ行くて……見てて満足としか感じないんですよね。極めて飽きないというか。
しかも最初はプールの中でのちょっとした動機だったのに、どっさり周りに尽きそうな箇所でエッチするようになって出向くんです。翔人間、パルスしつつも医者の事が好きで、それを盛込みちゃうんですねぇ。
ひとまず、正邪一度、モデルを読んでみてください!後悔しない品質だ!
引越し 見積もり